金屬

金屬本部は、鋼材や非鉄金屬を単なる素材としてではなく、それぞれが獨自の特性?機能を持った商品として捉え、ユーザーとサプライヤー相互のニーズに応じて最適な商品や物流の提案を行っています。また、「自動車薄板」「金屬製品」「非鉄金屬」「資源循環」の4つのSBU*編成を通じて、動脈?靜脈の雙方向から、業界/商品軸に応じたお客さまの広範なニーズに対し、迅速かつ専門性を持った対応を実現しています。

具體的には、長年培った海外ネットワークを生かした調達力と、國內外に保有する多種?多様な加工?物流機能に加え、変化の激しい世の中への対応として、機能?技術?市場の掛け合わせを通じた自動車関連、自動車関連以外の雙方の分野での新しい事業価値創造?提供を続けています。

主力である自動車関連事業については、自動車業界の大変革期への備えとして、ニーズの変化に応じて既存の保有機能を進化させるとともに、車の軽量化?電動化などの変革の流れをリードする新機能?新事業の具現化にまい進しています。また、これらの機能を武器にトヨタグループ以外への拡販にも積極的に取り組み、より一層の充実を図ります。

一方、自動車関連以外の事業については、自動車関連事業との相乗効果をうまく取り込みながら、自動車以外という広大なビジネスフィールドの中で、低炭素社會?資源循環型社會への移行などを含めた社會課題解決につながる分野を中心に、リサイクル?資源開発という當社の強みを生かした新市場開拓?新事業創造を進めていきます。

また、本部経営基盤への取り組みとして、DX分野ではデジタルツール導入だけにとどまらず、デジタル技術を活用した新たな価値創造につながる取り組みに注力しています。ここ數年進めてきた働き方改革については、その取り組みをより深化させ、多様な働き方/多様な考えを受容する職場環境の実現にまい進しています。

これらの幅広い取り組みによって、既存ビジネスの深化と新たなビジネスの探索を両立し、変化に強いバランスの取れた事業構造を確立することで中長期目標の実現を目指します。

  • *SBU:Strategic Business Unit
ブランキング加工
ブランキング加工
電磁鋼板加工センター
電磁鋼板加工センター
資源開発
資源開発
廃車リサイクル
廃車リサイクル
主な商品?サービス

普通鋼、特殊鋼、建設鋼材、非鉄金屬地金、貴金屬地金、軽圧品、伸銅品、鉄くず、非鉄金屬くず、合金鉄、銑鉄、使用済み自動車?部品、廃觸媒、レアアース?レアメタル 他

主な関連會社

価値創造事業

金屬本部のビジネスポートフォリオ

マルチマテリアルを軸に、高機能事業を17カ國83拠點で世界展開し、今後も事業領域を拡大していきます。

金屬本部のビジネスポートフォリオ

動脈/靜脈の両面から、事業/機能を活用して幅広い市場へアクセス

動脈/靜脈の両面から、事業/機能を活用して幅広い市場へアクセス

特徴1:自動車分野をはじめとして、國內外で各商品の加工を含めた総合物流ニーズに応じた事業を展開し、マルチマテリアルな対応を日々お客さまの生産活動をサポートしています。また、これからの電動化社會を支える資源開発(リチウム?レアアース)事業への注力を進めています。

特徴2:世界各地域での戦略パートナーとの協業を加速させながら、當社ならではの特徴ある事業の拡大と、社會的要請である環境負荷の低減を両立させ、持続可能な資源循環ビジネスの構築を通じた未來社會への貢獻を進めています。

2021年3月期第1四半期の取り組み

インドでの使用済み車両の不法投棄削減と適正処理等を目的に、Toyota Tsusho India Private Limitedとスズキ株式會社のインド子會社であるMaruti Suzuki India Limitedと共に、使用済み車両の解體とリサイクルを行う合弁會社Maruti Suzuki Toyotsu India Private Limitedを、2019年10月に設立し、工場稼働へ向けて準備を進めています。

金屬事業のプロジェクト紹介